幻住庵起源

幻住庵は延元元年1336年無隠元晦による開山、開基は大友氏時です。創建当初は那珂郡馬出村(福岡市東区馬出)にありました。当時の幻住庵は山内に塔頭(子院)が6か寺あり、広壮な大伽藍は巍然として禅門の威を示し聖福寺、承天寺と並び称せられたと残っています。名前の由来は無隠元晦が中国に渡り参禅した中峰明本という禅僧に関係があります。

 

当時の中国には五山十刹制度があり、これは寺院を国家管理する為の官寺制度でした。日本でもこれを真似て鎌倉五山、京都五山など五山十刹制度が用いられていました。具体的にば官寺に格付けを行い、上から五山・十刹・甲刹と3つの段階を設け、1番下の甲刹に選ばれた僧侶が十刹に上がり、更に十刹から五山に上がるという昇進制度でした。僧侶の中にはこれを名誉な事と考え、五山十刹での出世を望む者も多く存在しました。中峰明本は中国禅宗界屈指の禅僧であり、五山第一位に住持するよう求められたが、これを拒否しています。中峰明本は名誉欲を捨て官寺の世界から抜け出し行脚の旅に出ます。

そして行く先々で庵を創りこの庵をすべて幻住庵と名付け、そこで座禅をし自らも幻住と号しました。中峰明本のような世俗と一線をかく禅僧のもとに、西域・高麗・雲南・日本の人が集まってきました。中峰明本に学んで日本に帰国した禅僧は6名おり無隠元晦もその一人です。無隠元晦は師の中峰明本が名付けた幻住庵という庵に因んで、博多に天目山幻住庵を開きました。中峰明本の法系は日本では幻住派と呼ばれ中世から江戸にかけて日本禅宗に大きな影響を与えます。

 

しかし戦国時代の博多はさまざまな勢力の争奪地となりました。幻住庵もこの頃の兵火(1573年-1591年)で焼失、復興に尽力したのは聖福寺110代耳峰玄熊と大賀宗九・宗伯親子でした。1615年頃から復興が始まり聖福寺からは西門の土地を分けて頂き、大賀宗九からは大賀家の住んでいた土地を寄進して頂きました。本堂、庫裡が完成したのは1646年八月でした。博多の幻住派僧にとって幻住庵は何としても復興させたい特別な寺院であったようです。再興に尽力した耳峰玄熊を中興の祖とし、大賀宗九を開基としました。これが現在の幻住庵です。

祀っている方

開山無隠元晦

無阻元晦は弘安6年(1283年)に豊前に生まれました。姓は大蔵氏、出生地は田川の弓削田。正安元年(1299年)博多聖福寺明窓宗鑑のもと、戒を授かり、剃髪し僧となります。博多聖福寺は、日本禅宗の初祖と仰がれる明庵栄西が開き、「扶桑最初禅窟」つまり日本で最初の禅寺という由緒を誇る臨済宗の名刹です。

 

延慶3年(1310年)元に渡って杭州の天目山に登り、天下に名高い中峰明本の元へ参じます。この中峰明本は、その修行の厳しさから死関と称された、高峰原妙の法を嗣いだ人物で、当時稀代の名僧として世に知られていました。今に遺る肖像画を見ると、死関を越えた人物に相応しい特徴が確認できます。高峰原妙のもとで修行するにあたり、その志を証明するために、指に香の束をくくりつけて燃やす燃指を経験した為、左小指がありません。無隠元晦はこの中峰明本の元で、道を究めるべく修行を始めました。正和4年(1315年)に、大悟に至り、中峰明本の法を嗣ぎます。元亨3年(1323年)師である中峰明本が世を去ります。師の死から3年間は天目山に止まり、師の墓所を守りながら喪に服していたようですが、嘉暦元年(1326年)に16年の長きにわたった中国での生活を終えて日本に帰国します。出航は6月22日。玄界灘から博多湾に入ったのは8月のことだと伝わっています。

 

帰国後は筑前多々良の顕孝寺に住持。延元元年(1336年)に馬出に幻住庵を創建。のちに博多聖福寺の二十一世住持となります。入寺したのは康永元年(1342年)の事だとされています。禅の一大中心地であった福岡の中でも、とくに最古の由緒を誇る寺院であり、そして自らが僧となったこの聖福寺の住持となったことは、無隠元晦にとって感慨深いものであったはずです。聖福寺にあること6年、貞和4年(1348年)京都建仁寺三十二世として迎えられ、翌年貞和5年京都南禅寺二十一世として迎えられています。

 

南禅寺にあること1年して無隠元晦は退院し、すぐに九州へとかえってきたようです。晩年は静かに暮らしたようで、はっきりとその事実が確認できるのは正平12年(1357年)上野の宝覚寺にあった無隠元晦が中国の天目山以来の友であり、東国の常陸に居を据えて世には出ず、後進の育成に力を注いだ復庵宗己に書状をだしています。この手紙は復庵宗己からの手紙への返信で、2人は帰国後も連絡を取り合っていたようです。その書状では、復庵宗己に、久しぶりに会いたいが叶わないな、と語りかけながら、別れの言葉を述べています。この頃既に、いささか体調を崩していたらしく、そしてこれからちょうど1年後10月17日に無隠元晦はこの世を去りました。しかし、無隠元晦が世を去っても、その存在が忘れられることはありませんでした。100年後の康正2年(1456年)には、後花園天皇から、法雲普済禅師の諡号を下賜されています。

h2-05

自由墓地・完成規格墓地

永代供養塔

永代夫婦墓

第九話

諫言の褒美「雲井の梅」

藩主黒田斉清侯は幼少の頃から忠臣井手勘七の硬教育に鍛えられ藩の学者亀井南冥など数人より和漢並びに蘭学を修め、「本草啓蒙補遺」一巻を稿し、別に菊花の絵巻十巻、牡丹の絵巻物数巻を編纂した。就中菊花をこの上もなく愛し、天下の名品を庭園に集めて自ら一かどの研究もし、客を招いては楽しんだ。ある日、今を盛りと咲き乱れる菊園の中に園丁某の飼犬が乱入して幾本かの枝を折ってしまった。
侯は烈火の如く怒って、園丁を手打にすると言い渡した。
これを聞いた仙厓さんは早速夜半庭園を訪ねて、研ぎすました鎌を手に藩主が大切にしていた菊の花を残りなく刈り取ってしまった。
翌日様子を見に御殿を訪ねると大騒ぎである。藩侯の眼は血ばしっている。刀の柄を握った藩主の前に園丁の生命は風前の燈である。和尚は藩侯の前に進んで威儀をたゞし、
「お殿様この菊を刈り取ったものは、私、仙厓奴でございます。さあお手打を蒙りましょう。」
「だが一言、人の命と菊の命とどちらが大事でしょうか。しかも藩内は大飢饉で百姓は困っています。これに救いの手ものべず花いじりや、菊見の宴でもありますまい。民百姓あってのお殿様であることをとくとお考え下さいませ。」
もとより英明な藩主は、
「和尚やりおったわい!」と素直にに自分の非を認めて、
「和尚にしてこそ」と感謝し、そのお礼にと藩主が愛していた雲井の梅を賜った。
この梅は今も幻住庵の玄関にあって毎春元気のよい若枝を出している。

第二十二話

首斬役人の辞職

夜来の雪で虚白院の庭は白一色におゝわれた。仙厓さんは静かに茶を楽しみながらこの雪景色に陶然と見とれていた。
そこヘ一人の男が訪ねて来た。黒田藩の小役人で、かねてから仙厓さんになんとなく心をひかれていた男である。彼は藩の首斬役人で、しかもその仕事のスリルに不思議な魅力を感じていた。この変態な男のなまくさい自慢話がいつも仙厘さんを微苦笑させたものだ。
「あんたその首斬役人は大抵でやめたらどうな、後生が恐ろしいとは思いならんな。」
「そら又、なしでっしょうかい。命令するたあお殿様で、殺さるゝたァ悪い事したものですバイ。罪やらうらみのあるならーー殿様いたゝりまっしょうたい、私が何んば知りますな。」
「そうばいな、んならよか。そこで一寸あんたい用のあるがその腰の刀であの庭の竹ば一本斬って来ちゃんない。」
男は庭におりて示された竹をめがけて「エイッ」とばかり手なみもあざやかに斬り倒した。とたんに枝もたわわに降りつもっていた雪持ち笹の雪が首斬り役人の頭へまともにビシャリと落ちて来たからたまらない。
「こらァどうか。」
雪を払いながら竹を持って座敦に上がってくるのを見ながら仙厓さんは、ニタリと笑っている。
「あゝその竹にはもう用はなか卜。」
「ヘー?」
「ところで今あんたはびしょぬれになったが仙厓はなしびしょぬれいならんとな。」
「そらァあなた!」
「あっハ・・・竹ば斬れて命令したとはな、仙厓ばい、あんたがびしょぬれいなるわけはないじゃなかな。」
ウウーと手をこまねいていた役人は唸った。そして彼の仏心が奇妙にするどい仙厓の言葉によって芽をふいた。一念発起した彼はたゞちに首斬役を辞職して、ひたすら仏の道を求めて真剣に和尚の教を乞い、後生を懺悔滅罪の行にはげんだと云う。

第二十九話

またから竹の子とらさるな

虚白院の竹やぶに細い筍が頭を出した。一本、二本、三本・・・・・・仙厓さんは毎日、その成長を楽しみにして眺めていた。ところがこの楽しみも、暫時にして無慙に裏切られてしまった。二本、三本、と筍は毎日、根元からポックリポックリと折りとられていった。犯人は裏の石堂川に遊びにくる近所の悪童だ。
「こらァ、ちょっとこっちいきてんない、誰から言いつかってきたとな。ととさんからな。よか、んなら、この絵ばもっていって、ととさんにみせない。」
大きな虎の股の下から手を出して筍をとっている図だ。そして賛に日く、
「またから竹の子とらさるな」

第三十六話

壱岐島からきた手洗鉢

天保三年、仙厓さんは壱岐島に行脚した。足部村の中村市郎右ヱ門が自然石の手洗鉢を贈った。長右ヱ門は自ら舟を出して和尚を迎え、手洗鉢を積んで博多に帰ってきた。その手洗鉢は幻住庵の庭の仙厓堂の横手にある。
戦災で焼けた休一庵を復興して、昔のままの露地に置きたいものだ。手洗鉢の中に刻した仙厓さんの歌が水を透して幽かに読める。

壱岐より玉へる手洗鉢の石
合甫長 舟に而迎。
龍の宮 我に玉わる玉手箱
風の便りに合ひの浦船

合いの浦船とは合甫の迎え船のことだろう。

第百話

絶筆の碑

仙厓和尚は文化八年(一八一一)法席を湛元に譲って虚白院に隠退した。時に六十二歳であった。だがこれは世間並の楽隠居ではなかった。自ら退休の辞を書いて、これからは心のままに大いに教化につとめようと偈を作っておられる。爾後の約二十年間の虚白院時代が仙厓さんの仙厓さんらしい面目を発揮した時代といえよう。

庶民を愛し、庶民の中に溶け込んだ仙厓さんはすっかり博多っ子になりきって、得意の諧謔を交えた歌や描画をもって世間の愚や悪を諷刺したり、様々の奇行や頓智で世人に教誨を与えたりしたのもこの時代のものが多い。仙厓さんが無類の子供好きだったことは有名で虚白院には近所の悪太郎も集まってきた。日々訪うものは、もとより武家、文人墨客、町家の差別なく、その跡をたたなかった。しかし、この楽しげな訪れもよいことばかりではなかった。而もその中には多くの揮毫依頼者が交じっていた。

たのまれれば気安く書く和尚のきさくさをよいことにして、ひきもきらず集まってくるこの依頼者に、さすがの仙厓さんもほとほと困惑した。米屋甚太郎に描いて与えた画の画賛に、

こりゃ甚太郎 虚白院へ行き書きものねだるまいぞ

又合甫長右衛門に与えた歌に、

うらめしやわが隠れ家は雪隠か
来る人ことに紙おいてゆく

和尚も既に八十三歳の高齢になって漸くこの種の書きものに筆をとるのが億劫になってきた。そこで、

墨染の袖の湊に筆すてて書にし愧をさらす浪風

という一首を石工岸田徴平にきざませて庵の傍に立てて”絶筆の碑”とした。天保三年初秋のことである。一説にはともすればきびしい藩の忌弾にふれる惧れに遠慮したためともいわれている。

仙厓和尚のあとを継いだ湛元は本堂の修理がもう一日も猶余のならない程荒廃していたので、なんとか強硬に事を運ぼうとした。これは藩の貧しい財政の故に仙厓和尚以来なかなかききとどけられなかったものだ。湛元の強行策は藩の怒りにふれ、遂に退住を命ざれ大島に流罪となった。それで仙厓さんは再び住職の座につかなければならなくなって百二十五世を継ぐに至った。

時に天保七年、和尚は八十七歳であった。その心痛はいかばかりであったろう。

その冬は寒さが殊に厳しく老体にはなかなか堪え難かった。暗い憂愁と清明な悟りの心が交々和尚の胸中に起伏したことであろう。同藩の碩学亀井昭陽が亡くなった。国学者二川相近も亡くなった。

こんな日々の下で、和尚はしきりに筆を運んで葬送の図を描いた。これは自分の葬儀の模様をかくあれかしと図にしたものである。ここにも生死を超えて、なんのたくらみのなく、いつわりのない人間を語る仙厓さんの大きな姿が投影している。

翌八年、仙厓さんは八十八歳の米寿を迎えた。周囲の者からその祝をと勧められたが、

米の春米の山さし高ければ かまどの烟り立ちもあへせず

と相変わらずのどかに詠みながしていたが、九月微異を得て病床につかねばならなくなった。丁度その頃である。和尚は感得するところがあって、絶筆の名画「大聖不動尊」を描いた。三界の火宅を、辛うじて担い、名状し難い悲痛な面もちで、手にしかと不動の利剣と羂索を握りしめている。その風采は将に仙厓さんの生涯の人生観を渾身の力をこめて描き上げた筆意共に雄渾な一幅である。

仙厓さんが病に臥すや一山の僧侶は勿論日頃親交のある知人など交々来って手篤い看護をしたが、

疲れはて骨と皮とを残す身は
枯木にかかる鶯の声

と自ら既に不起を悟って、法席を弟子の龍岩に譲り、遂に十月七日、病革まるや衣を換え、

来時来処を知る
去時去処を知る
手を懸崖より撤せざれは
雲深くして処を知らず

との偈を書して、多くの人々に惜しまれながら安祥として大往生を遂げられた。
この末期の句の意味を判り易くいえば次のような事ではないか。

(来時知 来処)

人間として生れて出で来る時は、その来る処をちゃんと判っていなければならない。
(去時知 去処)
死んで行く時は、その先ぐらいははっきりと、今此処と見きわめておかねばならぬ。
(不 徹 手懸崖)

然しながら、そうはいってみても、そのままではいかぬ。一度崖から手をはなして谷底へ落ちてみなければ(宗教的に大死一番しなければ)
(雲深不 知 処)

谷底のくわしい様子は上から覗いた位では雲がかかっていて、中々わかるものではない。

こうして一世の名僧仙厓和尚はその生涯を閉じられたのであるが、時のみかど仁孝天皇は「普門円通禅師」の謚をおくって、その徳を称えられた。お墓は聖福寺山内護聖院にある。

アクセス

幻住庵

宗教法人臨済宗幻住庵
〒812-0037
福岡県福岡市博多区御供所町7-1
092-291-5551